【ライフ】倍返しだ!「半沢直樹」でスカッとする人は二流、大人ならお世話になった人に恩を倍返し

1:2013/09/15(日) 03:41:23.73 ID:
“倍返し!10倍返し!「半沢直樹」でスカッとする人は二流…なぜ?”

半沢の「倍返し」思想に疑問を投げかける人もいる。
『大人力検定』などの著者で、「大人とは何か」を探求し続けているコラムニストの石原壮一郎氏だ。

「倍返しの復讐をすると相手に半分『借り』ができてしまいます。
やられた相手も倍返しで借りを返そうとするでしょう。報復の連鎖を生むのです。
それではスリルとサスペンスの毎日を一生続けることになります。
3カ月で終わるドラマならそれでもいいけれど、長く耐えられたものじゃありません」

確かに、前半のドラマで半沢に逆襲された人たちのうち、支店長の浅野以外は
心から反省しているようには見えない。最後まで憎しみの目を半沢に向け続けた人もいる。
今後の長い人生で彼らがどんな報復に出るかはドラマでは描かれない。

石原氏は大量採用された半沢らバブル世代では、40代後半まで銀行に残れている人は
少数派だと指摘する。

「上司に手柄を取り上げられ、失敗の責任を押しつけられた経験は誰しもあるでしょう。
上司に黙々とくっついて働くことで身分を守らざるをえない状況も必ずあります。
その過程で、憎い上司と同じことを気づかないうちに部下にやっているわけです。
そうしないと銀行に残れないから。自分の意思ではなく、上司の命令でやったかもしれない。
それなのに半沢のような部下から恨みを倍返しされたらたまらないですよね」

石原氏は、半沢に泣いて謝罪する浅野に自己投影して「贖罪が済んだ」と
感じている人もいると推察する。不正やごまかし、言い逃れ、部下への責任転嫁をしてきた罪を
浅野が身代わりとなって謝ってくれているのだ。

「でも、現実の自分は報いを受けずに無事に会社員人生を乗り切りたい。
バブル世代より上の人は複雑で身勝手な感情を持ちながらドラマを見ているかもしれません」

そんな視聴者がいるとしたら、二流どころか三流の組織人である。

石原氏によれば、半沢の強さを見習いつつも乗り越えて、「超一流」を目指すには
発想の転換が必要となる。

「復讐は倍返しではなく半返しぐらいがちょうどいいのではないでしょうか。
もっといいのは、お世話になった人に恩を倍返しすること。
相手は『こいつにはもっと何かしてやろう』と、いいことがさらに倍になって戻ってくるかもしれません。
半沢直樹も役に立たなそうな若手の部下でもちゃんとフォローして、
その部下から助けられていますよね。いい連鎖です。半沢は恨みだけではなく
すべてに対して倍返しができる人間なのだと想像します」

とはいえ、悪意のある上司がいる職場に毎日通うのは辛い。なんとか状況を変えたい。
仕返しもしたい。

「仕返しをしても辛い状況は変わりません。むしろ悪化するでしょう。
復讐ばかり考えている人はやることがせこくなります。
つっけんどんな返事をしたり、メールの返信を遅らせてみたり」

上司ばかりか職場全体からの評価も悪くなってしまいそうだ。ではどうすればいいのか。

嫌な上司の味方のフリをして、『こうしたほうがあなたの評判がよくなりますよ』
と具体的に提案するんです。心の中では『倍返しだ!』と言ってもかまいません。
憎しみをバネに穏やかに行動しましょう。上司からすれば、いじめようとしたヤツが
生き生きと働いていることになります。楽しそうにしているのが最大の復讐なんですよ」

半沢の潔さとしたたかさを見習って一流になるか、「恨みではなく恩義の倍返し」で
超一流を目指すのか。組織人として大成するか否かの分かれ道だ。
(つづく)

2013.9.14 18:30
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/130914/ecd1309141831003-n1.htm

この投稿の続きを読む »

【キャラ】JR大分駅の「ぶんぶん童子」 せんとくんの弟?子どもたちの笑顔を見守るシンボル

1:2013/10/19(土) 18:47:49.11 ID:
“せんとくんの弟? JR大分駅の「ぶんぶん童子」とは”

顔は子どもなのに、体はミツバチ。そんな不思議なモニュメントがJR大分駅にお目見えし、
インターネットなどで話題をさらっている。
デザインしたのは、あの奈良県のゆるキャラ「せんとくん」を生んだ彫刻家の籔内佐斗司さん(60)。
さて、その正体は――。

このモニュメントがJR大分駅の改札口付近に設置されたのは今年3月17日。
駅の高架開業1周年を記念してだった。直径32センチ、高さ25センチの透明なケースに収まっている。
名前は「ぶんぶん童子」と命名された。

駅構内では週末、家族連れなどを乗せて走るミニトレイン「ぶんぶん号」がある。
地元の旧国名「豊後(ぶんご)」と「大分」の「分」にちなんで名付けられたミニ列車で、
このモニュメントも子どもたちの笑顔を見守るシンボル、という意味を込めた。



2013年10月19日18時21分
http://www.asahi.com/national/update/1019/SEB201310190005.html

この投稿の続きを読む »

【メーク】ローラ風だよ…自然なデカ瞳になる、大きめな瞳の輪郭を描いたコンタクトレンズをつける女性が増えている

1:2013/09/22(日) 16:08:22.58 ID:
“サークルレンズ差別化成功 メーク感覚「デカ瞳」に医療メーカーも続々参入”

君の瞳に恋してる…なんていうけれど、その瞳は“絵”かも?!
大きめ瞳の輪郭を描いたコンタクトレンズを装着する女性が増えている。
1990年代後半のコギャルブームで広がったカラコンの系列だが、
最近は奇抜な色よりも「自然なデカ目」が求められ黒や茶のニーズが上昇。
医療用コンタクトレンズメーカーも続々参入し、安全性の高い
「サークルレンズ」として差別化を図っている。一般化した背景には、
今や30代半ばとなったコギャル世代から現在の10代にまで根付いた
「メークにタブーなし」との感覚があるようだ。

東京・六本木。深夜営業量販店のカラコン売り場で、無数の目玉に圧倒された。
日本人の黒目の大きさが平均12・5ミリとされるのに対して「14・5ミリ」
「激盛れ」などの宣伝文が躍り、まさにコスメ感覚だ。

「量販店やネットで気軽に購入され、ユーザーの47%が眼科を受診していない。
粗悪品や正しい使用法を知らず、目の障害を発症してから駆け込んでくる女性が増えている」
とは、ひがしはら内科眼科クリニックの眼科医、東原尚代さん。

先月21日、コンタクトレンズ会社ボシュロム・ジャパンが都内で開いた
セミナーでのこと。コンタクトレンズを使用する18~49歳女性
515人に行った調査で「6割がサークルレンズに興味を持っている」
などの関心の高まりが示された。
「クリアレンズを第一選択とする眼科医の立場とは隔たりがあるが、
今後もユーザー増加が見込まれ、歩み寄る必要がある」と、
東原医師は課題点を指摘する。

同社によると、カラコン・サークルレンズ市場はここ数年毎年7~8%増を更新。
平成23年に189億円だった国内販売額が今年219億、
来年には244億円に拡大しユーザーも百万人を突破すると予測している。
この好機に、安全性や装着感をクリアレンズ並みに高めた
サークルレンズ「ナチュレール」の顧客拡大をねらい、
パソコン上で装着体験できるコンテンツの配信を8月下旬に始めた。

一方、昨年から本格参入したシードでは4月、瞳の大きさが
「サークルレンズ最大級」の13・4ミリにまで拡大した「ヒロインメイク1dayUV」
(30枚入り、3千円~3500円)を新発売。若い女性向けのメーク用品で
実績のある伊勢半とコラボし、
「少女漫画のお姫様をイメージし、キラキラの瞳が手に入る」との華やか仕様だ。

中高年には、そこまでやる?と思える厚盛り。それに対して、
「メークで大きく変われることは女の特権であり最大の武器。
私もそれで恋を実らせることができた」と若年層の気持ちを代弁するのは、
7月に「真似メイクBOOK」(扶桑社)を発行した梶恵理子さん(20)だ。
現在、メークを学ぶ専門学校生。
自らのブログで多数の芸能人に変身したメークの技を公開し、
1日約30万件ものアクセスがあるという達人だ。

本では23人に変身。そのメークにタブーはなく、あらゆる手段を使う。
「二重まぶたのテープなど、百円均一でも売っている身近な化粧品ですし、
カラコン・サークルレンズも同様に、憧れのヨーロッパ系の顔に近づけるための
日本人らしい知恵だと思う」。読者は10代から30代主婦層にまで拡大。
恋愛成就の報告も届いているそうだ。

…で、彼氏ができて、ある日素顔を見せたとき、あまりの違いに
ギョッとされる…なんて心配は? 意地悪な質問をしてみた。
「ショック受ける場合もあるかもしれないけど、そういう男を選ばなければいい。
最初は見た目から入っても、付き合っていくうちに中身をちゃんと見てくれる。
そういう男性が求められているんです」と梶さん。
強い! 過剰なメークはコンプレックスの裏返しというよりも、女のたくましさの表れか?

画像
タレントのローラさん風にメークした梶恵理子さん。付けまつげなどを駆使して外国人顔に

サークルレンズの現物を間近に見ると、キレイというよりホラー?!

「真似メイクBOOK」著者、梶恵理子さんの素顔。
「誰でも憧れの芸能人顔になれる」

2013.9.22 12:37
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130922/bsd1309221238003-n1.htm

この投稿の続きを読む »

【福井】「クワガタムシの王様」オオクワガタ、嶺北北部の里山で発見…「野生種」なら35年ぶりの発見(写真)

1:2013/08/13(火) 08:07:03.62 ID:
 福井県坂井市丸岡町の男性3人が、その大きさや希少価値から「クワガタムシの王様」とされるオオクワガタのオス1匹を、
嶺北北部の里山でつかまえた。県内の公式な採集記録は福井市大安寺(1978年、オス)と大野市鳩ケ湯(51年、メス)での
2例しかなく、「野生種」なら35年ぶりの発見。

 オオクワガタをつかまえたのは8日夕。早朝や仕事後によく連れ立って採集に出掛けている吉川兼弘(かずひろ)さん(38)
今野哲也さん(35)板垣峰将(たかゆき)さん(36)の3人が、クヌギの幹の穴に2匹のノコギリクワガタと一緒に潜んでいるのを
見つけた。

 体長約60ミリ、胴幅は最大約20ミリで、あごの先端部に内歯がある「大歯型(だいしけい)」。採集後は吉川さん宅の虫かごで
飼育しており、腹部に対しアンバランスに大きい頭部と胸部をそらして歩く姿には「黒いダイヤモンド」ともいわれる“威厳”がある。

 吉川さんらは「穴から大きなあごが見えた瞬間、思わず声を上げてしまったほど」と発見時の興奮を振り返り、「オオクワガタを
つかまえるのが小学生のころからの念願だった。近年、自然と触れ合う機会が少ない子供たちの好奇心をくすぐるきっかけになると
うれしい」と話している。

 乱獲や森林伐採など生息域の破壊により、オオクワガタは環境省のレッドデータブック絶滅危惧(きぐ)?類に指定されている。
福井市自然史博物館は「天然ものなら非常に貴重な発見」とする一方、「近年は繁殖技術が進歩しており、ペット店から逃げたり、
飼い主が放したりした可能性も捨てきれない」と現段階では慎重。野生種かどうかは遺伝的に調べる必要があるという。

 オオクワガタは上手に育てれば冬を越し3年ほど生きるという。吉川さんらは、死後に研究標本として同博物館に寄贈したいと
している。

ソース(福井新聞) http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/44796.html
写真=吉川さんらが嶺北北部で採集したオオクワガタ

この投稿の続きを読む »

【神奈川】頭は雄で体は雌、珍しいカブトムシ見つかる

1:2013/08/01(木) 15:17:14.33 ID:
頭は雄で体は雌、珍しいカブトムシ見つかる/神奈川

横浜市内で見つかった雌雄モザイクのカブトムシ。角は奇形という

横浜市緑区で31日、頭が雄、体が雌の特徴を持つカブトムシが見つかった。
専門家によると、雌と雄の特徴が混ざった「雌雄モザイク」。カブトムシの報告は年間数例で、珍しいという。

見つけたのは、同市旭区の自営業、清水正夫さん(50)。同日午前4時ごろ、自宅近くをジョギング中に、
三保市民の森(緑区)に近い道路脇のクヌギの木に止まっているのを見つけた。
雌だと思い通り過ぎようとしたが、頭に角があることに気が付いた。

昆虫に詳しい厚木市郷土資料館学芸員の槐(えんじゅ)真史さん(48)によると、
「角がある頭は雄だが、羽の表面につやがないのは雌の特徴。珍しいと思う」。
雌雄モザイクの昆虫は、通常生殖能力がない。だが、「体のほとんどがメスなので、
オスと一緒に飼育したら、もしかしたら産卵する可能性もあるかもしれない」という。

カブトムシを見つけた清水さんは、「子どものころから昆虫が好きだが、
雌雄モザイクの実物を見るのは初めて」と驚いていた。

カナロコ 2013年8月1日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1308010017/

この投稿の続きを読む »